FC2ブログ

Welcome to my blog

資産運用

ハワイ旅行2019−⑨現地での通信(eSIMに挑戦!結果楽ちんだった!)

0 0
6baaec29f152190cb9b6ce6d7b79c920_s.jpg

海外旅行でも手放せないものといえばスマホですね。現地の情報を集めるにも、カーナビとしても今では必須です。

今まではモバイルWiFiを空港でレンタルというパターンが多かったのですが、今回は新しい試みをしてみました。
それは、eSIM。

聞き慣れない方も多いかもしれませんが、昨年のiPhoneから搭載されているタイプのSIMで、従来のようなカードを抜き差しするのではなく、本体に内蔵されているSIMのメモリに書き込むタイプのSIMです。

iPhone XR, XS, 11以外にもSurfaceや一部Androidスマートフォンにも搭載され始めています。

さてそんなeSIMですが、何が良いかというと、やはり物理的なSIMカードの抜き差しが不要となり、端末上で契約が完了するので、手間や抜いたSIMカードを紛失してしまうリスクがなくなります。

また、モバイルWiFiのように別途ルータを持ち運ぶ必要もなくなるので非常に身軽になりますね。

私は4月にiPhoneXRに機種変更したので、今回のハワイ旅行でeSIMを試してみました。

ハワイで使うとなるといくつか選択肢があるわけですが、はじめにトライしようとしたT-mobileのeSIMは、プリペイド型の契約になりますが、eSIMの契約とアクティベーションを行うためのAppが私の端末ではうまく動作せず、断念。

T-mobileで契約すれば、現地の電話番号ももらえるので、例えばOpenTableなんかを使ったレストラン予約の際に電話番号を要求されても大丈夫というメリットがあったので、T-mobileを第一候補にしていたのですが、仕方ありません。

第2候補にしていたのが、3香港というローミングSIM。ローミングなので若干スピード面で心配があったのですが、10日間で138香港ドル(約2,000円)と超破格。一日あたりのデータ上限は500MBですが、動画観まくったりしなければ全然平気。

ということで、こちらを契約し、ハワイに向かいました。

契約は非常に簡単で、3香港のウェブサイトからeSIMの申し込みページに行き、emailアドレス等の必要な情報を入力するだけ。契約とクレジットカードでの支払いが終わると、QRコードが送られてくるので、スマホのSIM設定の画面から新しいSIMとしてQRコードを読み込むだけです。

日本でそこまでやっておけば、あとは現地についたら勝手にテキストメッセージが送られてきて開通。

あっけないくらいに簡単でした。

気になる速度ですが、正直言って全く不満はありませんでした。よっぽど山の中を車で走っているときは少し繋がりが悪かったですが、まちなかでは普通に4G。

日本で使っている楽天モバイルよりも早いくらいで快適でしたよ。

ちなみに電話番号は、昔にGoogleVoiceで取得してあった電話番号を使いましたよ。

これで10日で2,000円は安い。それで速いし楽ちんなので次回もこれで決まりです。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply