FC2ブログ

Welcome to my blog

資産運用

yb家の2020年家計決算

0 0
347a49e87ef77c7c0a26b5ac647543ce_s.jpg

yb家は半年に一度、夫婦で家計状況を確認し、次の半年の家計に反映させています。
2020年が終わった時点での家計状況はどうだったのでしょうか?
yb家の家計方針

まず、我が家は夫婦の財布は一つにしています。
お互いのお小遣い(各毎月4万円、ボーナス時各8万円)のみを差し引いて、それ以外は共有のお金になっています。

基本的には夫婦のうち少ない方の手取り年収の範囲内で生活をし、残りはつみたてに充てています。基本的にはこの方針ですが、後にも書きますが、ここ数年少ない方の手取りでは生活できていません。

2020年の家計収支

2016年からの収支は以下のグラフの通りです。(2016年の支出を100として比率で表しています)

2020年収支

今年は妻が昇進に伴って10月から昇給していますが、妻の会社がコロナの影響で3ヶ月間給与5%カット、ybも業績連動型の賞与が若干減り、更に社会保障費も上がっているため、世帯可処分所得としては微減。

支出としては、昨年から大きくなっている娘の教育費も昨年より微増。コロナ禍の影響で在宅勤務が増えたことによる水光熱費が1割程度増加。コロナ禍で近所のレストラン支援のために少し積極的に食べに行っていたため、外食費が約2割増、コロナ禍で少しストレスも多いので家での食事は少し贅沢目にしていたので食料品費も微増。10年使った家のMac miniを更新したための支出もありました。
一方、コロナの影響で海外旅行は行かなかったため、旅行費は8割減少。被服費も約半減。トータルで支出は2%強の減少という結果でした。

収入に占める支出の割合は54%で、可処分所得の46%をつみたて投資を含む貯蓄に回すことができており、少ない方の収入の範囲内では支出を賄うことはできていませんが、多い方の収入の範囲内ではまかなえている状況は死守しています。

教育費については今後、娘の大学卒業までの5年間続くと想定しています。これは必要な支出の増加だと判断しています。

バランスシート

我が家のバランスシートは描くのがバカバカしくなるくらいなのであえて描きません。

資産を100とすると、負債はクレジットカードのショッピング利用残高(短期負債)の0.22だけですので、純資産は99.78となり、健全です。

我が家は家も買っていないですし、車も持っていませんからね。

そんな感じで、基本生活費は大きくせず、必要な教育にはお金をかけて行きたいと思います。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply