fc2ブログ

Welcome to my blog

資産運用

新型コロナウイルスワクチン接種してきました

0 0
*接種するかしないかは個人の体調や既往歴、周りの環境などを元に、リスク/ベネフィットを考えた上ご判断ください。この記事は接種を積極的に推奨するものではなく、単なる個人の接種後の感想です。

IMG_1915.jpeg

昨日、自衛隊が運営する大規模接種センター(東京)で新型コロナワクチンの接種を受けてきました。

私が居住している自治体は6月の中旬に、希望する区民に接種券を交付する窓口を一時的に開設していました。ちょうどその頃、自衛隊の大規模接種センターでは予約枠が埋まらないのでという状況で予約の対象年齢を拡大したので、窓口で接種券を交付していただき、大規模接種センターの予約をとったという背景です。

まあ、急がなくても待てば接種できるのですが、我が家には大学受験を控えた娘がおり、9月から本格的に出願が開始されるので、できる限り感染リスクを減らしておきたいと思っていましたし、割と海外に行くことも好きなので、その際にはワクチン接種がしばらくは必要と思われ、接種はしておきたいと思っていました。

自衛隊の接種センターではモデルナのワクチンが使用されるため、17歳の娘は適用範囲外。本当は本人が接種しておくのが一番ですが、接種センターでは打てないので、家族だけでも接種していれば家族からの感染はある程度防げますよね。

昨日(6月25日)に1回目の接種を受けてきましたが、副反応の出方は人それぞれではあるものの、私の場合は接種部位の痛みのみ。それ以外の副反応は出ていません。

どの程度の副反応かというと、接種後3時間位から腕を上げるときに少し違和感があるなと思い始め、その2時間後(接種後5時間後)には腕を上げる際に痛みを感じて、水平より腕を上げるのが少ししんどい感じに。その後は痛みの強さは殆ど変わらず、という感じです。寝返りを打って接種した方の肩が下になると痛みを感じて少し眠りが浅くなることはあったものの、寝られないほどではなく、それほど重いものではありませんでした。

接種から24時間経った現時点でも肩の痛みのみで推移しています。

自衛隊の接種センターのオペレーションはとてもシステマティックで、会場到着から接種完了まで全く無駄がありませんでした。

会場に到着すると、手指の消毒、非接触式の検温を行い、検温結果はプリントアウトされます。それを持って受付へ。

受付では予約を持った人なのかをシステムで確認し、4会場設定されている会場のうちどの会場で予約したかによってグループ分けを行います。各グループには色が割り振られていて、自分がどのグループかは書類が入れられたクリアファイルの色で確認できます。

その後の移動に際しては色によって動線が区切られ、ゾーニングがされているので非常にわかりやすかったです。

移動前の待機室に通され、何人か溜まった時点で移動を開始します。

移動先では記載事項の確認、医師の問診と続き、接種を受けました。受付から接種まで実に約6分間。素晴らしいオペレーションでした。

そして更に素晴らしいオペレーションは続き、接種終了とともに接種後の経過観察期間が年齢や既往症によって設定(私の場合15分)され、紙に大きく記載され手渡され、待機時間が始まります。

待機時間の間に、接種済み証の発行、次回予約の確保を行い、無駄がありません。それが終わると待機室に通され、待機時間終了まで待ちます。待機室で待ったのは実質12分くらいでした。

会場到着から接種を行い会場出るまで実に21分。

人をかけるべきところにはしっかりかけて待ちを作らず、役割を細分化し、抜け漏れが発生しないように工夫されたオペレーションは素晴らしかったです。

その後私の自治体では6月29日以降個別のクリニックでは65歳未満の区民にも接種を開放するとのことで、予定できていなかった娘の接種も入れることができました。結果的には接種のインターバルが短いファイザー製のワクチンを受けられる娘が一番早く接種を終えることができることになりました。

せっかく取れた予約なので、無駄にしないように体調は万全にして私の2回目、娘の1回目を迎えたいと思います。
関連記事

人気ブログランキング挑戦中!
人気ブログランキングに挑戦中!
記事が参考になりましたら1クリックお願いします^^




その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply